死亡から樹木葬納骨までの流れ






















































臨終から樹木葬墓地に埋葬されるまでの手続き・流れを確認し、おさえておきましょう。



樹木葬だからといって、通常の葬儀の流れと大差ありません。埋葬方法が異なるだけです。通常は骨壺ごと納めますが、樹木葬では骨壺から出し、土に直接触れるかたちで埋葬するだけです。




@臨終〜家族・親族への連絡

親類や縁の深い関係者に至急知らせます。その他の方には通夜・葬儀等の日程が決まりしだい連絡します。
葬儀社に連絡し、遺体を霊安所、自宅または式場まで搬送してもらいます。



A臨終後、死亡診断書の受け取り

臨終後、まず遺族がしなければならないのは「死亡診断書」の受け取りです。病院や自宅で亡くなった場合は、臨終に立ち会った医師が死亡診断書を発行します。交通事故や災害などの不慮の事故死の場合は、警察による検視が行われ、死亡診断書ではなく、死体検案書の交付を受けます。



B死亡届の提出/埋火葬許可証の受取

亡くなったことを知ってから、7日以内に市区町村役場に死亡届を提出します。「死亡届」の用紙は、死亡診断書と一体となっています。「死亡届」と同時に「埋火葬許可申請書」を提出し、「埋火葬許可証」を受け取ります。(火葬許可証と埋葬許可証は同じ用紙であることが多い)火葬時には、「埋火葬許可証」を受付に提出し、火葬後「火葬執行の証明」の裏書きをして返却されます。



C通夜/葬儀

葬儀社と打合せし、通夜・葬儀を行います。本通夜は葬儀前日に行い、弔問客に通夜振舞いとして食事をお出します。最近は、通夜を行わない1日葬が増えており、葬儀習慣の変化が見られます。さらには儀式を行わず、火葬のみ行う「直葬」も増えており、費用をかけない葬儀が注目されています。葬儀は、斎場・セレモニーホールなどで行うケースが一般的となっており、儀礼形式は宗教やその地域の慣習により異なります。



D火葬/骨上げ

埋火葬許可証を近くの火葬場に提出したうえで、ご遺体を荼毘(火葬して弔うこと)に付します。火葬自体は1時間程度かかりますので、控室で収骨の連絡を待ちます。この待ち時間に、飲み物・軽食を用意し、精進落としの席を設けます。火葬が終わるとお骨上げを行い、骨壷に収骨します。



E樹木葬への埋葬

樹木葬を行う霊園などに埋葬の日程を連絡し調整します。同時に法要を行う場合はその手配を行います。納骨・埋葬時には、必ず埋葬許可証の提出が必要です。樹木葬墓地への埋葬作業・儀式については、各霊園等と打合せをし、指示に従います。


戻る