樹木葬合葬墓「菩提」 誕生秘話











樹木葬合葬墓「菩提」
は誰でも等しく供養さ
れるように、企画され
た合葬式樹木葬です。



合葬式のため、多くの
方と一緒に納骨されま
す。














ある日、霊園に70代の老女が、お墓の見学に一人訪れました。お話をお

聞きしたところ、ご主人に先立たれ、お骨が家にあるが…お金がないため

お墓は買えないとのこと。夫婦には子供がないため誰の世話になることも

できないし…。生前、ご主人は「俺が死んだら、遺骨はどこかに捨ててく

れ」と口癖のように言っていたそうです…。さて、いざそうなってみて、

奥様は、一時は海への散骨も考えたようですが、思い切りがつかず、ま

た、意外と費用もかかるため、断念したとのことです。人情が薄れた時代

とはいえ、一生懸命生きた人生の最後が、こんな廃棄物同然であっていい

わけがありません。昨今、終の棲家たるお墓を買えない「墓難民」は深刻

な問題です。


…そのような状況のなか…誕生したのが、3万円で入れる樹木葬合葬墓

「菩提」です。



「千葉県野田市に樹木葬を破格の使用料で提供している霊園がある」そん

な声が聞こえるようになりました。ともすると「本当にそれだけ?追加費

用があるんじゃないの?」と疑いたくもなるのももっともですが、間違い

なく諸費用含め総額34,200円です。しかも、墓誌に名前を刻み、戒名を

付けて永代供養までするというのだから驚くのも無理はありません。「ど

んな人でも、生きた証を残してあげたい!」その様な理想を現実のものと

したのが、このお墓です。


また、経済的に困っている方や跡継ぎのいない方ばかりでなく、諸々の事

情により、お墓がない方、ご自宅にお骨を抱え、そのままになっている方

など様々、受け入れ可能です。生前契約や郵送による納骨にも対応してい

ます。


今後、「墓難民」を救うお墓として注目していただければ幸いです。


戻る