樹木葬用語集











管理費

管理費とは、霊園や寺院が墓地を管理運営するために必要な費用のことを言います。清掃費用や水道代、緑地・休憩所などの管理する費用などがそれに当たります。



永代供養

永代供養とは、永代にわたって寺院や霊園が、親族に代って遺骨の供養すること



合祀

合祀とは、合同でまつることをいい、血縁のない大勢のご遺骨が一つのお墓に納められます。
通常、合祀墓の場合、骨壷からご遺骨を出し直接合祀墓にお納めしますが、大利根霊園の場合、骨袋に入れ替え後、納骨も可能です。



合葬墓

多数のご遺骨を1か所に収めるお墓のことで、永代供養墓、合祀墓(ごうしぼ)とも呼ばれる。合葬墓は、同時に永代供養墓であることが大半で、合葬墓と呼ぶときは、納骨形式に着目して分類する時。



承継者不要

お墓の跡継ぎがいなくても契約できるということ


寿陵墓

生前に建てるお墓のことを「寿陵墓」といい、
中国では「寿陵墓は、長寿・子孫繁栄につながる縁起がいいもの」とされています。
古くは、「仁徳天皇陵」や「磯長陵」(聖徳太子のお墓)なども生前に建てられたとされています。

日本でも、約半数以上の方が、生前に「寿陵」でお求めになっており、ご自身のお考えを反映したお墓を建立されているようです。


年回供養

一周忌や三回忌、七回忌などの法事を年回供養と言います。 年回供養は故人の命日に行うものですが、都合がつかない場合は、できるだけ命日前に行うようにします。


納骨を行う時期

納骨をいつ行うかについては、法律に定めはありません。
その地方の慣習により、焼骨にした後すぐに納骨する場合もあります…
お墓が建立されている場合は四十九日法要にあわせて、新しくお墓を建てる場合は一周忌や三回忌に納骨するのが一般的のようです。


一般墓地

外柵(土台)・カロートをつくり、その上に墓石を建立する。古くからある一般的な形の区画墓地をいう。
永代供養墓や樹木葬墓地、プレート墓地などと区別するために使用されることが多い。
最近では、従来の和型や洋型ばかりではなく、デザイン墓石も多くみられる。


改葬

「改葬」とは、墓地や納骨堂に埋蔵された焼骨や埋葬された死体(土葬)を別のお墓に移すことをいいます。


祭祀承継者

祭祀承継者とは、系譜、祭具及び墳墓等の祭祀財産を承継する者をいいます(民法897条)。
慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。


墓じまい

墓じまいとは、お墓を片付け、整理することをいいます。お墓を撤去・処分することです。


無縁塚とは

弔う縁者のない死者のための墓。万人塚。無縁塔ともいう。

お寺の縁者となり、永代にわたり供養を行う永代供養墓とは根本的に異なる。



カロート


お骨を収めるためのスペースで、通常、墓石の下に作らる。最近は丘カロート(地盤より上のカロート)タイプも増えている。また、合葬式のカロートは面積・容積ともに大きく300体以上のご遺骨を納めることができる。

戻る