死亡届けから埋葬許可証を受け取るまで

死亡届〜埋葬許可証



 















































死亡届〜埋葬許可証


死亡届けから埋葬許可証を受け取るまでの流れは、以下の通りです。

届出義務者
同居の親族、親族以外の同居者、家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人、同居の親族以外の親族


届出場所
死亡した場所あるいは、死亡した人の本籍地、または死亡した人の住所の市町村役場の戸籍課


死亡届
死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡したときは,その事実を知った日から3か月
以内)に届け出ることが必要
です。
届出用紙は市区町村役場や病院等に備えられており、そのほとんどが死亡診断書(死体を
検案した医師が記入した場合
は死体検案書)と死亡届が合わさった形となっています。



埋葬許可証


死亡届の用紙に必要事項を記入し、提出すると、火葬に必要な「火葬許可証」が発行されま
す。



「火葬許可証」を火葬場に提出し、火葬が終わった時点で、火葬日時が入った火葬証明印
押され返却されます。火葬
執行済印の押された火葬許可証は、同時に「埋葬許可証」になり、納骨時に寺院、墓地の管
理事務所に提出します。
「埋葬許可証」は5年間の保存義務があります。




納骨


納骨には次の書類が必要となります。
@墓地の利用権利証(東京都霊園使用許可証等)
A火葬証明書 (埋葬許可証)
 トップページに戻る