お墓と相続について


お墓と相続






 






















 





牌、仏壇などの祭具やお墓を民法で「祭祀財産」と呼び、これら祭祀財産
は相続財産には含まれず、特定の者が受け継ぐことになっています。これを
祭祀承継者といい、慣習(しきたり)に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が
これを承継することになります。

まずは被相続人(故人)の指定によるか、指定がない場合には、慣習(しき
たり)に従って祖先の祭祀を主宰すべき者を決めることになっています。慣
習が明らかでないときは、権利を承継すべき者は、家庭裁判所がこれを定め
ることになります。
(民法897条2項)



【参照】第897条
1.系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従っ
  て祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する。
  但し、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるとき 
  は、その者が、これを承継する。

2. 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、前項の権利を承継
  すべき者は、家庭裁判所がこれを定める。




トップページに戻る