墓地を承継すると相続分から差し引かれる?



相続税対策になる






 






























結論から申し上げて、承継した者の相続分が減ることはありません。なぜな

ら、お墓とか仏壇は、法律上「祭祀財産」とよばれ、財産相続の対象から外

されているからです。区画墓地の価格は、数百万円するのも珍しくありませ

ん。それを相続財産とすると相続分から減らされるわけですが、換金して自

由に使うこともできません。

お墓や仏壇は、本来、遺産として分割する性格のものではなく、どなたかが

受け継ぐ性質のものです。逆にいえば、相続税がかからない財産ということ

にもなりますから、相続税対策にもなります。


つまり、数百万円の墓地を購入した場合、次世代は、数百万円の財産を非課

税で取得することになります。これらは、祭祀財産を受け継いだものが、損

をしないように、そして先祖供養という昔からの風習が守れらるようにとの

配慮がなされたものと考えられます。


トップページに戻る