お墓を買うということ


永代使用権のはなし






 



























 




「お墓を買うこと」について、誤解している人も多いようですから、ここ

に書いてみようと思います。「お墓を買う」というのは、お墓の土地の権

利を買うことではありません。単純にお墓の土地の所有権を取得するかの

ように誤解している方が多いようですが、一般的に「お墓を買う」とは

「お墓を建てる土地を使用する権利」を買うことを意味しています。決し

て、土地そのものが自分の物になるわけではなく、使わせてもらうという

ことです。この使用する権利を「永代使用権」といいます。この永代使用

権は墓地の所有権者との契約によって発生し、代が続く限り墓地を使用で

きる権利と言えます。ただし、1つ条件があります。あくまでも。墓地を

引き継ぐ「承継者(跡継ぎ)がいる」ことが前提で、逆にいえば「承継

者」が途絶えれば、永代使用権は消滅します。原則として、1人の承継者

が引き継ぐことになり、規約等で承継できる範囲が定められているのが通

例です。多くは「三親等以内の親族」とか「同じ姓の親族」など、制約が

課されているもので、まれには墓地経営者の承諾を得て第三者がなること

もあります。お墓を購入する際には、承継者についてよく確認する必要が

あります。承継者のない場合は、永代供養墓を検討してみてはいかがでし

ょうか。永代供養墓であれば、跡継ぎがいなくても契約できるばかりでな

く、家族に代わって供養もしてくれるので将来的にも安心です。

トップページに戻る