骨葬のすすめ


  《骨葬という新しい選択肢》

  《お葬式をもっと簡略に低費用で》


NPO法人グッドライフ


各種骨葬プラン


 骨葬とは、焼骨を安置して行う葬儀方式をいいます。通常の流れでは@通夜  A葬儀・告別式 B出棺 C火葬の順と
なりますが、骨葬では、先に火葬を行い、焼骨にしてから葬儀を行います。最近増えている直葬では、葬儀を行いませ
ん。


 直葬と骨葬の違い


直葬(ちょくそう)とは、火葬式とも呼ばれ、通夜・葬儀・告別式を一切行わず
に、火葬だけで故人を送る方法です。

骨葬は、ご遺体での通夜・葬儀・告別式等は行いませんが、火葬後にご遺骨を安置
し、葬儀・告別式を行います。

直葬の場合は、火葬に立ち会えなかった方から反感を買ったり、別れを告げる場が
ないため後日、弔問者が訪れることが多々あります。骨葬を行うことにより、知人
とのお別れの場を設けることができます。

 現代の骨葬



骨葬は、古くて新しい葬送方式。昔、土葬が火葬にとって変わった頃のはなし、
地域によって葬儀よりも火葬が先に行われました。つまり、通夜→火葬→葬儀・
告別式→納骨といった葬送の流れですが…。これは、かなり広い地域で現在でも
行われています。法律により24時間は安置しなければなりませんので、翌日、出
棺・火葬して、すぐに葬儀を行い、そのまま墓地に埋葬するといった風習になって
いるようです。
当方が、提案する骨葬は、古くからある骨葬とは少し異なり、ご逝去から遺体搬
送、火葬・骨葬に至るまでスケジュールを組み、その後の納骨・永代供養まで一貫
して行うものです。


 骨葬のメリット


骨葬のメリットとしては、次のようなことがあげられます。

@低費用でおさまる。
A先に火葬するため、その後の日程調整が容易にできる。
B先にお骨にするため、精神的負担が軽減される
Cすぐに火葬するので衛生上の問題がない。
Dエンバーミング(遺体をきれいに見せる技術)などの必要なし
E骨葬後、すぐに納骨ができる。
F供養することによって、家族親戚の心の負担がなくなる。

  骨葬プラン 費用



@永代供養「菩提」プラン

すでに火葬を済まされ、お骨をお持ちの方を対象としたプランです。
大利根霊園・礼拝堂にて骨葬儀を行い、永代供養墓に納めるまでの儀
式を行います。


料金 108,900円 + 永代供養墓使用料


ご遺骨持込

骨葬(礼拝堂)

納骨・永代供養






A直葬・骨葬おまかせプラン(生前契約)

ご逝去〜病院からの搬送〜火葬(直葬)〜お寺で骨葬を行い、永代供養墓
に納骨、供養まで 一切お任せのプランです。親族に代わってNPOが一切
を行います。関係者の手をわずらわせることはありません。(NPOの利用
会員になる必要があります。入会金のみで会費・寄付等はありません。)



料金 370,000円
 + NPO入会金 5万円 + 永代供養墓使用料



プランの流れ
@病院からの搬送
A火葬
B骨葬
C納骨・永代供養


備考(プラン内容)
病院からの搬送



お棺一式



骨壺一式



ドライアイス



白木位牌



役所手続き代行



運営スタッフ





戻る