樹木葬の分類















 






樹木葬の種類





日本初の樹木葬として有名な岩手県祥雲寺の樹木葬は、自然林の中に遺骨を埋葬し、その場


所に墓標として1本の木を植える形式です。里山の環境保全に繋がるとされ、遺骨を大自然を還


し自然との共生するお墓として「里山型樹木葬」と呼ばれます。それに対し「公園型樹木葬」は、


広い土地を確保できない都会近郊に多く見られ、霊園内にシンボルツリーを植え、その周囲に合


葬または個別に埋葬を行う方法をいいます。「公園型樹木葬」で注意していただきたいのは、樹


木葬と銘打っているものの中に、カロート構造を備えているものがあるということです。つまり、地


中に筒状の管を埋め、底部や周囲をしっかりとコンクリートで固めてあるため、遺骨が土に還ら


ず、一定期間後に移し替えを行うというものです。これは本来の樹木葬(自然葬)ではありませ


ん。今後、いろいろな形式の樹木葬が出現するものと思われます。現地説明の際には、関係者



によく話を聞き、墓地規約等で確認することをおすすめいたします。



トップページに戻る